2016年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
Mie's Living
P&D

最近のトラックバック

検索



アーカイブ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

Powered by
Movable Type 5.13-ja

template by tokyobuddha

c 2006 blog.hamamie.jp
All Rights Reserved.

映画・裸足の季節(仏、トルコ、独)

原題は英語の「mustamg」 野生の馬

黒海海岸の小さな村を舞台に美しい五人姉妹の物語。封建的な思考や因習。私が大都会のイスタンブールからカッパドキアや小さな村々、遺跡など10日間ほどの旅をしたのは、もう30年ほど前のこと。そうした旅ではまったく見えてこなかったトルコの現在でも、このようなある意味重いテーマがあることを知り、多少の衝撃を覚えました。

はつらつと美しい少女たちの受難の物語なのですが、閉寒的な環境に反抗する彼女達の姿を軽妙かつ瑞々しいタッチで描いた監督が素晴らしいのです。しかもこの映画が長編デビュー作とは信じられません。5人姉妹の少女のうち1人をのぞいてまったく演技の経験がないなんて信じられません。少女たちの溢れんばかりの存在感が各国マスコミに賞賛されたのは当然でしょう。

第88回アカデミー賞外国語映画賞受賞(2016年)
ゴールデングローブ賞受賞(2016年)

トルコ・アンカラで生まれ、フランス・パリで映画を学んだデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督。彼女が少女時代に実際体験した出来事が投影されているそうです。脚本も手がけ、撮影中は自身の妊娠も重なり、プロデューサーの交代など大変な現場だったとか。無事クランクアップし、米バラエティー誌が選ぶ「注目すべき映画監督10人」に選ばれています。世界がその才能の誕生に狂喜し絶賛した監督。これから目が離せません!。カンヌ国際映画祭では並みいる強豪をおしのけてアカデミー賞フランス映画代表に選ばれ、自国語以外の作品がフランス代表となったのは『黒いオルフェ』(59年)以来、56年ぶり2度目の快挙。

自由を奪われた美しい5人姉妹の。甘美でほろ苦い反逆の青春映画です。

10年前に両親を事故で亡くした5人姉妹が祖母の家で叔父と一緒に暮らしています。13歳になる末っ子のラーレの大好きな担任の先生がイスタンブールの学校に転任する日の帰り道、姉妹は海で男子学生と一緒に遊びます。艶やかな髪、光を浴びていきいきと輝く姿。生命力溢れる存在を縛り付ける大人の世界。反逆する美しい少女たち。いまだに女性を家事に従事させて子供を生産する機械に・・・そのような思考が存在するのです。

監督は語っています。「トルコのすべての人が同じ考え方をしている訳ではありません。保守的で家父長制度がいまだに根付いているところもあれば、とても自由な女性がいることもあります。しかし、女性自身で男尊女卑の掟をつくり、その存在に加担しているのです」と。中東の女性たちにも言えますね。

それらを見事にはねのけ、瑞々しく、チャーミングに未来へと向かう少女たち、繊細で力強く生きる姿に大人の私たちが勇気づけられます。

ストーリーは詳しくは書きませんね。重いテーマなのに観終わったあとの清々しさはなぜなのでしょうか。久しぶりにみた素敵な青春映画ですし、若い彼女達の演技に乾杯!

監督、ありがとう!素晴らしい映画を観ることができました。   
和光裏のシネスイッチ他で上映中。

映画の公式ホームページ

160624movie.jpg


投稿者: Mie Hama 日時: 08:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)