2009年8月のアーカイブ

Mie's Living

片岡鶴太郎さんの展覧会

片岡鶴太郎さんの展覧会「こころ色」が、我が家の広間の空間に見事に表現されています。

生活周りの作品をお迎えしたい・・・との思いがありました。鶴太郎さんの作品には、暖かな小さな命がふくふくと息づいています。暮らしを美しく彩り、爽やかな風を空間にふきこむような素晴らしい作品ばかりです。

「作品は人なり」と思わずにはいられません。

今回の展覧会の展示は毎年、この空間を美しく彩ってくださる京都「ギャルリー田澤」のオーナー、田澤ご夫妻がプロデユースしてくださいました。
美しい花器にふさわしい花を生けこみ、「千年の恋」を床の間に飾り、それぞれのコーナーに一番ふさわしい絵を飾り、毎日見ていても新たな美の発見があります。

23日のレセプションには鶴太郎さんもお越しになられ始めて、ご自分の作品をご覧になられ、「僕の絵というより、私の手からもう一人歩きしています、作品が」と仰っておられました。

これからも私は箱根の我が家のこの空間を皆さまと共に楽しんでまいりたいと思います。

「日常の中にこそ美が存在する」・・・と民藝運動の創始者、柳宗悦は説いています。

kokoroiro.jpg

投稿者: Mie Hama 日時: 08:41 |

NHKラジオ深夜便「大人の旅ガイド~静岡県・井川地区」

今回ご紹介するところは、時速300kmの新幹線が走っている現代に、どう頑張っても最高時速25km、平均15kmという、のどかな汽車で行く、静岡県静岡市葵区「井川地区」です。

総面積の8割近くを山地が占める静岡市には、多くの山里があります。
井川の集落は、南アルプスに抱かれた大井川の最上流部に位置しています。市街地から井川までは、峠越えをして車で2時間ほど。

でも、私は素敵な列車の旅をお奨めします。東海道本線・金谷で下車し、ここから大井川鉄道で終点の千頭(せんず)駅まで1時間。時間によっては、懐かしい汽笛に誘われ、SLも走っています。千頭駅に着くと、鮮やかな赤色のミニ列車が迎えてくれます。南アルプス・アプトラインに乗り換えて、雄大な奥大井の山懐へと出発です。車窓に広がる茶畑。大井川流域は古くからお茶の栽培が盛んなところです。1番茶が終わり、2番茶の緑の茶畑が美しいのです。

大井川に沿って上流へ進むと、緑が一層美しくなります。井川線ミニ列車に
1時間40分乗って終点が井川ですが、その道中がまさに「小さな旅」です。
090821igawa01.jpg

皆さん「アプト式鉄道」ってご存知ですか?
アプト式鉄道とは、ラックレールという歯型レールを使って急な坂を登り降りするように考案されたものです。アプトいちしろ駅~長島ダム駅までの間は1,000分の90という日本一急勾配を運行するために、車両は勿論のこと、ディビダーグ式橋梁や、枕木など新しい手法を取り入れています。いちしろ駅でアプト連結が見学できます。急勾配を力強く上って行きます。私はこの辺りで持参した「おにぎり」を食べ旅情気分を味わいました。

日本一高い鉄道橋、関の沢鉄橋から見る高さ100mの絶景とスリル、思わず身を乗り出し写真撮影。何しろ窓が開いている・・・。この渓谷の紅葉した景色はさぞ美しいことでしょう。
090821igawa02.jpg

沿線はモミの木やモミジに囲まれ、清流にはヤマメも生息するなど、豊かな自然の中をゆっくりと進む山岳鉄道は開放感いっぱいです。

終点の井川に着きます。
駅の階段を降りていくと小さな食堂があります。
私は帰りにおでんを食べました。

さて、この山奥の町、井川では、ここにしかないといわれる貴重な「メンパ(お弁当箱)」が作られています。

私が25年前にお訪ねした時、このメンパを作っていらした海野想次さんは残念ながら一昨年他界され、今は5代目周一さんが継がれておられます。周一さんとは久しぶりの対面です。

井川のメンパとは、天然のヒノキを曲げて輪を作り、サクラの皮で縫い合わせて漆を塗って仕上げるお弁当箱なんです。ヒノキを薄く薄く、3ミリの薄さまで削って、このヒノキを水につけてやわらかくして、曲げていきます。丸めて仮止めし、穴をあけ、細く切った桜の皮を通して縫い合わせます。この状態で陰干ししておきます。底板をはめこみ、上塗りし、陰干ししてから漆をかけます。

メンパの形は丸型、小判型、角形の三種類があります。さらに、男メンパ、女メンパ、おかず入れである、菜(さい)メンパがあります。これは昔から山仕事に出かけた夫婦が食事を終えて、男・女・菜の順序でメンパをひとつに重ねて持ち帰るように作られたそうで、ほほえましいお話ですね。実用品としても、冬、ごはんが冷めにくく、夏は腐りにくい。また、身と蓋、男用、女用それぞれで、米をぴったり計量出来るようになっているというのも大変に優れていますね。

山の暮らしの中で生み出された生活の知恵の結晶です。
この海野さんのメンパはご自宅での販売のみ。手作りですから量産できません。「幻のメンパ」とも言われ遠路はるばるメンパを求めて井川を訪れる人々が絶えないそうです。若い世代の人々にも広く受け入れられているそうです。実用に秀でており、温かい木のぬくもりを普段使いの中で味わいたい・・・そんな日本の工藝は素晴らしいですね。
090821igawa03.jpg

駅から井川の町までは歩いて1時間ほど。
バスは井川地区自主運行バスが日に3本運行されています。
駅近く、井川ダムから井川大橋を経由し、井川の中心地「木村」とを結ぶ片道40分の渡船もあり、バスや鉄道で来た観光客も自由に乗船でき、四季折々に見せる新緑、紅葉など楽しめます。
井川の町には旅館、民宿もあります。(観光協会にお問い合わせください)
井川の奥には自噴している「赤石温泉」。
南アルプスの登山。(聖平登山口まで、町からバスが運行されています。)

美しい景色に爽やかな風。
素朴で優しい心のふるさと、井川をご紹介いたしました。 

投稿者: Mie Hama 日時: 10:58 |

日経新聞-あすへの話題(8月1日掲載分)

花織に教えられること

長年旅をしてきた私には第二の故郷と思える場所がいくつかある。そのひとつが沖縄だ。民芸の柳宗悦氏の本で知った沖縄の道具を実際に見てみたいと、はじめて伺ったのは返還前のこと。以来、何度、かの地をお訪ねしただろう。

多くの人との出会いもあった。中でも忘れられないのは、故・与那嶺貞さんだ。与那嶺さんは戦争で夫をなくし、女手ひとつで3人の子どもを育て、55歳になったときに、沖縄伝統の織物・花織(はなうい)の復活を志した。何本もの糸を用い、花が浮いたように織る美しい花織を再び蘇らせたのである。与那嶺さんが織った花織の着物は驚くほど軽く、肌触りは限りなく優しい。

「女の人生、ザリガナね」与那嶺さんはそうおっしゃっていた。ザリガナとは沖縄の言葉で、もつれた糸をほぐすことを意味する。そして「今日、ほぐせなかったら、10日、1年、いやもっとかかっても根気よくほぐしてこそ、美しい花織を織ることができるのよ」と続けられた。

先日、沖縄を訪ねた。青い空と海、穏やかで明るい人々。またここに帰ってきたとほっと気持ちが弛むと同時に、国道の脇に大きな長いフェンスが渡され、町が基地で分断されている状況が今も続いていることに胸が痛くなった。

ここにも、もつれた糸がある。60年以上がたち、先の戦争のことは風化しつつあるようにみえる。けれど沖縄は今もザリガナすべきものを抱えている。与那嶺さんのように志をもち、根気よく問題をほぐし、花織のように美しい社会を再構築する人が必要だ。このたびの選挙では、そうした人がぜひ選ばれてほしいと願っている。 

投稿者: Mie Hama 日時: 09:45 |

浜美枝のいつかあなたと ~仲代達矢さん

文化放送「浜美枝のいつかあなたと」(日曜10時半~11時)

今回はお客様に俳優の仲代達矢さんをスタジオにお招きいたしました。
日本映画の黄金期を彩った名優、黒澤明監督作品「七人の侍」、「用心棒」など数々の作品に出演されました。

仲代達矢さんは1932年、東京のお生まれ。1952年、俳優座養成所に入所され、舞台劇「幽霊」でデビューされました。

これまで「どん底」、「リチャード三世」、「ソルネス」など舞台で芸術選奨文部大臣賞などを受賞。映画やテレビでの分野でも様々な活躍をされています。1975年より、舞台俳優養成のための私塾「無名塾」を主宰。この秋には石川県・七尾の「能登演劇堂」でシェイクスピアの大作「マクベス」が上演されます。

今回はお芝居のお話はもちろん、現在、講談社+α新書から発売中のご著書「老化も進化 」を中心にお話を伺いました。この本には、70代半ばを迎えられた仲代さんの演劇哲学 、人生哲学、そして65歳の若さでお亡くなりになられた奥様、宮崎恭子さんの思い出が率直に語られています。

8月23日と30日の2回分の収録でしたから、寺島アナウンサーと私はこの名俳優の"ひとり舞台"を独占させていただいた気分、至福の時を頂きました。

「妻が逝って、早いもので13年になります。若い時にずいぶん苦労したつもりですが、 今までの長い人生の中でも一番の試練でした。生きるための苦しさと、愛する者を失う哀しさとはまったく別のもので、後者は遥かに大きいようです。」

奥様を失った喪失感は予想以上に大きく、なかなか立ち直ることができなかったようです。病床にあっても常に明るく「人生どのように生きるのが美しいか」「さあ、人生のグランドフィナーレの幕をあけるぞ」・・・と、彼女は最後まで誇り高く、勇気を持って生きようとしたのです・・・と。妻であり、同士、仲間であったご夫妻のお話には崇高さを感じました。

奥様は「男に惚れるようじゃあ、女優はできないわ」と結婚を機にスパッと女優業を辞められました。 後には脚本家・演出家としても仲代さんを支えられてきました。

仲代さんは「今の自分は赤秋(せきしゅう)の時を迎えている」と仰います。一人で老いてゆくことへの不安は確かにあっても、力を抜き、敢えて大きな挑戦に「真っ赤な秋を真っ赤に生きる」と低い良く通る声でこちらをしっかり見据え語ってくださいました。 

ラジオでは素晴らしいお話をたくさん伺いました。ぜひ、日曜10時半~11時まで文化放送「浜美枝のいつかあなたと」でお聞きください。(8月23日、30日放送)

かつて東宝撮影所で10代の私は、遠くの仲代達矢さんを仰ぎ見ておりましたが、目の前にいらっしゃる仲代達矢さんは俳優としての仲代さんではあるのですが、76歳とは到底思えない「人間・仲代達矢」が静かに語りかけておられるのでした。
090807mrnakadai.jpg


投稿者: Mie Hama 日時: 07:25 |