Mie's Living
P&D

最近のトラックバック

検索



アーカイブ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

Powered by
Movable Type 5.13-ja

template by tokyobuddha

c 2006 blog.hamamie.jp
All Rights Reserved.

ターシャ・テューダー~静かな水の物語

170428movie.jpg

[画像出典:映画公式サイトより]

アメリカを代表する絵本作家ターシャ・テューダー。
私がもっとも憧れる人、尊敬する女(ひと)。

ターシャを世界的に有名にしたのは、絵本だけではありません。1971年、56歳のターシャは、バーモント州の山奥に土地を購入し、その後、息子のセスが建てた18世紀風の農家に移り住み、2008年92歳でこの世を去るまで植物や動物をこよなく愛し、私が理想とする"スローライフの暮しを実践し、また子ども4人を育てながらも四季折々の行事を大切にし、それはそれは素敵に暮しに取り入れているのです。

生誕100年となる2015年には、ターシャの世界を紹介する展覧会が日本でも2年をかけ巡回し、全国で約38万人の人々が魅了されました。

この度の映画『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』を観てまいりました。

タイトルの<静かな水>・・・とは「静かな水のように穏やかであること。周りに流されず自分の速さで進むこと」というターシャの言葉からとられているそうです。監督の松谷光絵さんが10年間にわたり取材してきた"自然体"の"等身大"のターシャには感動します。

パンフレットにはこのように書かれています。「思う通りに歩めばいいのよ」と微笑む、自由な精神あふれる<スローライフの母>がのこしてくれた、「人生を存分に楽しむヒント」をあなたに・・・・と。

映画の中に登場する絵本や書籍、料理のレシピ集やライフスタイル本などわくわくします。そして、宝石のようなことばの数々。

 一生は短いんですもの。
 やりたくないことに時間を
 費やすなんて、もったいないわ。

 何かに夢中になるのは
 大事なことです。
 何でもいいの。
 それが人を前に進ませます。

 家事も仕事も完璧になんて、
 いくわけがありません。
 だいたい、世の中に、
 完璧なものなんてないでしょう。
 開花したばかりの花や、生まれた
 ばかりの赤ん坊くらいじゃない?

 やりたい仕事は、
 労働ではなく
 楽しみになるのです。

 心は一人ひとり違います。
 その意味では、人はいつも
 "ひとり"なのよ。

 近道を探そうとしないこと。
 価値のあるよいことはみんな、
 時間も手間もかかるもんです。

ね、素敵でしょ!

私は昨年6月に「孤独って素敵なこと」(講談社)を出版しました。"終わりに"でこのようなことを書きました。

孤独だからこそ、自由でいられます。自分を知り、自らに優しくも厳しくもなることができます。家族や友人をより深く愛し、孤独の先にこそ幸せと豊かさがあると感じます。

こうして自分自身を振り返ると、ターシャ・テューダーさんから多くのことを学び、影響を受けてきたことに気づかされます。

箱根の自然に生かされ、スポットライトの下の自分よりも、箱根の古民家に一人いる時間が好きです。

有楽町 カドカワシネマ他にて

投稿者: Mie Hama 日時: 2017年4月28日 08:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.stokeshot.com/mt-tb.cgi/635

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)